てのひらハウスメイン

てのひらハウスとは

農業向けに作られたハウス環境測定IoTサービスです。
自動でビニールハウスの環境を測定して、遠隔でスマートフォンやパソコンなどで確認。測定値の範囲内を超えるとお知らせが届くなど、作業の省力化やトラブルの未然防止に役立ちます。また日ごろの気づきをメモで残せるので、生産性向上にも役立ちます。

農家のみなさんのよくある悩み

そんな農家の方々の悩みを
一挙に解決!

てのひらハウスは
小型軽量・手軽に設置

てのひらハウスは、業界最小クラスの大きさで、かつ軽量なハウス環境測定機器です。どなたでも現在のハウスに手軽に設置していただけます。通信に関する設定は、すでに設定された状態でお届けしますので、慣れないテータ通信の設定などは一切不要です。

スマホで手早く
ハウスの状態を確認

てのひらケアは、てのひらハウスのセンサーボックスで取得したハウス環境のデータを、項目別に分かりやすく一覧表示するソフトウエアです。スマートフォンでもパソコンでも閲覧できます。また、各項目に設定された上限値・下限値を外れた場合、メールで通知を受信することもできます。

日記感覚で
毎日のコメントがつけられる

てのひらケアには、毎日の気温や湿度、土壌水分量などを表示するとともに、日付ごとに気づいたことを記録できるコメント機能があります。表示されるハウス環境のデータとコメントを照らし合わせながら、今後の検討材料にすることができます。

他社製品とのコスト比較

必要なセンサー類が最初からオールインワン!

てのひらハウス・てのひらケアの開発にあたり、
農家の皆さまを始め、JA様や下川町様と幾度となく打ち合わせを重ねていく中で、
現代農業において収量を左右する環境因子は
「温度」「湿度」「飽差」「土壌水分」「CO2濃度」「気圧」「日射」だと私たちは結論づけました。
そんな環境因子を測るセンサーを、はじめからオールインワンパッケージとして
ご提供しているのが当然と考え、私たちはサービスを提供しています。

誕生エピソード

北の大地、北海道は「下川町」で、
農家さんのこんな悩みから生まれました。

広い農地をアテもなく動き回るのは重労働。
IoTのチカラやノウハウで、
農業をもっと手軽に、将来を明るく照らすものにしたい。

私たちはしいたけ農場から始まりました。

2018年、北海道上川郡下川町の一の橋という小さな集落にある「下川町特用林産物栽培研究所」通称「しもかわしいたけふぁーむ」を視察し、ここを実証実験の場として、培養棟を含むハウス環境の価値最大化を追求したIoT機器の開発を下川町と連携してスタート。2019年1月初旬に設置して運用を開始して1年が経過しました。現在も継続的に運用は続いており、過去にアナログで記帳していたハウス環境の計測値と機器で取得した計測値を比較しながら、さらなる作業の効率化と収量増加を目指しています。

下川町の名産、トマトに着目

しもかわしいたけふぁーむの実証実験で得た経験を活かして次に取り組んだのは、下川町の名産であるトマト。その栽培における環境づくりは、とても繊細なものであることが、視察を重ねることで痛いほど理解できました。そして生産者様の悩みもたくさんお聞きしました。そこでアイ・セプトは、農家様とJA様、そして下川町にご協力いただき、トマト栽培で通用するIoT機器の開発を2019年夏からスタートし、2020年1月に完成しました。
もちろんトマト以外の作物(いちご、なす、きゅうり、ぶどう、マンゴーなど)にも展開可能です。

下川町を起点としてスタートしたIoTへの取り組みは、
今後も農業にかかわる皆様と、わたしたちが提案する『てのひらケア』により、
生産者様の夢や目標を具体的かつ持続的に後押しできるサービス開発に取り組んでいきます。
機能の追加はもちろんのこと、酪農や他業種への横展開など、
アクションの幅を広げることで得られる新しい価値を創造しながら、
さらなるチャレンジを続けていきます。

コラム

2020.02.17

本体の重さ

本ホームページでも「『てのひらハウス』のセンサーボックスは小型・軽量だ」ということをうたっていますが、先日取材で「実際の重さはどれくらいですか?」と聞かれました。そういえば本ホームページには書いていないですね・・・申し訳ございません。そこで今、

続きを読む

続きを読む

2020.02.11

大きさとコンピュータ

写真はモックアップ時のものです。てのひらハウス本体は、業界最小クラスのサイズなのですが、実際のサイズは?と言いますと、71mm×127mm×51mm(ドームレンズ含む・ケーブル含まず)です。他社製品をお持ちの方でしたら、このサイズには驚かれるのではないでしょうか。なおかつ軽量なハウス環境測定機器として弊社ではご提供させていただいています。

続きを読む

続きを読む

2020.02.04

「てのひらハウス」の誕生まで(3)

インターネットを活用して地域活性化に役に立つ架け橋を創りたい。そこで選んだのが北海道の道北にある下川町です。町⺠の熱量が高く、小さい町でも心の強い人たち。私はここ下川町は、しっかり根付いて事業ができる“確かな場所”と感じました。アイ・セプトは、地域活性化事業の一環として、下川町とともに IoT の実装推進をスタートさせたのです。

続きを読む

続きを読む

すべての記事を見る

製品ラインナップ

てのひらハウス製品本体

てのひらハウス

てのひらハウス本体

  • 温湿度センサー
  • 気圧センサー
  • 土壌水分センサー
  • CO2濃度センサー
  • 日射量センサー

ACアダプター

てのひらハウス製品本体

てのひらハウス for しいたけ

てのひらハウス for しいたけ

  • 温湿度センサー
  • 気圧センサー
  • CO2濃度センサー
  • Webカメラ

※こちらの製品は受注生産となります。

お問い合わせ

てのひらハウスへのお問い合わせは下記よりお願いいたします。
※同業他社様へのお問い合わせのご回答、機器の販売は致しかねます。

お名前必須

お名前は必須です。

法人名・屋号
住所
-

※半角数字(入力後に住所が自動入力されます)

ビル・マンション名等
電話番号必須

電話番号は必須です。

電話番号の形式に不備があります。


※半角数字(ハイフンなし)
メールアドレス必須

メールアドレスは必須です。

メールアドレスの形式に不備があります。

メールアドレス(確認のためにもう一度ご入力ください)必須

メールアドレス(確認)は必須です。

メールアドレス(確認)の形式に不備があります。

メールアドレスが一致しません。

お問い合わせ内容必須

お問い合わせ内容は必須です。

送信内容の確認は必須です